055-972-0084

園内マップ

SOUTH AREA南エリア

全長400mの日本一長い吊橋。日本一高い富士山や日本一深い駿河湾の眺めを堪能できます。どこまでも広がる空や緑、風など大自然を感じられます。詳しく見る

2ラグジュアリートイレ

ドライブ途中にも気持ち良くご利用いただけるよう工夫を凝らしたトイレ。女性トイレには日本庭園を設け、パウダールームも完備しています。

3スカイガーデン

詳しく見る

花のシャンデリアに彩られたスカイガーデンには地場産にこだわったお土産や楽しいグッズのショップがいろいろ。軽食やドリンクもお楽しみいただけます。

詳しく見る

4駐輪場

自転車ツーリングの途中で気軽に休憩していただけるよう、駐輪場を設置。自転車の修理工具や空気入れの貸し出しも行っています。

5ギフトショップ

詳しく見る

気軽にお立ち寄りいただける無料エリアのお土産ショップ。スカイウォークオリジナルの菓子や富士山グッズも豊富です。 詳しく見る

6森のキッチン

詳しく見る

地元食材を使ったカレーやパンケーキが充実。三島スカイウォークオリジナルの「みしまコロッケ」も味わえます。カレーとコロッケはテイクアウトもOK。

詳しく見る

7スカイウォークコーヒー

詳しく見る

くつろいだ雰囲気の店内で、水と豆にこだわったおいしいコーヒーが味わえます。富士山麓の牧場の生乳を使ったソフトクリームも大人気です。 詳しく見る

8南ゲート

吊橋への入場チケットはこちらで販売しています。車いすやペットカートのレンタルも承っています。

9展望エリア

吊橋と富士山をバックに写真が撮れる、南エリアの絶景スポットです。
駿河湾や街並みも一望でき、美しい夕暮れ時の展望もおすすめ。

NORTH AREA北エリア

10恐竜アドベンチャー

森に潜む恐竜を探し出し、スタンプを集める恐竜迷路と、襲いかかってくる恐竜を倒すARシューティングゲームが楽しめます。

11あじさい小道

6〜8月が見頃です。きれいに花が咲く時期はあじさい祭を開催しており、三島スカイウォークオリジナル品種を含む170種1万株のあじさいが咲きそろいます。

12フォレストアドベンチャー

詳しく見る

高さ2〜15mのプラットフォームを渡って木から木へ。
自然をそのまま活かした関東最大級のアスレチックパークです。

詳しく見る

13クリフチャレンジャー

詳しく見る

高さ10mの木の壁にはめ込まれた石を手や足でつかんでクライミング。初心者でも安心して挑戦できます。詳しく見る

14セグウェイガイドツアー

詳しく見る

オフロードタイプのセグウェイで、ガイドと一緒に森の中を散策。三島スカイウォークの魅力をガイドが楽しくご紹介します。 詳しく見る

15ゴーゴーバギー

詳しく見る

自然をそのまま活用したコースを力強く進むバギーはスリルたっぷり。自然相手の冒険に大人もワクワク。インストラクターがご案内します。 詳しく見る

16ロングジップスライド

詳しく見る

往復560mをハイスピードで駆け抜ける爽快ジップライン。富士山や駿河湾の絶景を眺めながら滑走できるのは三島スカイウォークならでは。 詳しく見る

17Kicoroの森

愛らしい森のキャラクター「Kicoro(キコロ)」がお出迎え。森の小道にはウッドチップが敷き詰められ、歩き心地の良いお散歩コースになっています。

18スカイウォークミュージアム

三島スカイウォーク周辺を忠実に模したジオラマや、設計時に風洞実験で使用した吊橋模型などを展示。吊橋の構造や建設プロセスも学べます。

19ツリーツリーツリー

詳しく見る

店内にはカフェやグッズショップの他、吊橋の技術を学ぶミュージアムが入っています。
各種アクティビティの受付やロッカーもあります。

詳しく見る

20ピクニックカフェ

詳しく見る

北エリアのカフェではボリューム満点のホットドッグやサンドウィッチが楽しめます。
カラフルでおしゃれなドリンクも人気です。

詳しく見る

21flower drop

間伐材に花の種を貼り付けた木製チャームを専用ワゴンで販売。願いを込めて橋の上から投げれば、きっと希望の花が咲きます。

22展望デッキ

吊橋の向こうの北エリアには季節を感じる自然がいっぱい。緑に囲まれた展望デッキから駿河湾を眺めて、森の空気を深呼吸。

23ふろっくー 福時計 ー

詳しく見る

フクロウやハリネズミ、うさぎなどの小動物をだっこしたり写真を撮ったりできるふれあいスポット。
愛くるしい表情に癒されます。

詳しく見る

24ドッグラン

詳しく見る

小型〜中型犬専用のドッグランは無料で利用OK。リードをはずして芝生の上を走り回ったり他のワンコと遊んだりと、思う存分遊べます。 詳しく見る

25北ゲート

南エリアへのお帰りはこちらから。ハイキングで北エリアにお越しいただいた方はこちらから吊橋へ入場していただけます。